先日、美容院に行った時のこと。

美容院が混みあっていたので、ソファーに座って待っている間、ヘアカタログやファッション雑誌を見ながら時間をつぶしていました。

そして、薄っぺらな雑誌があったので手に取って見てみると、それは「ウィッグ」の広告でした。

かつらとかウィッグっていうとちょっと恥ずかしい気もするし、なんだかそんな広告を見ているだけでも、周りの人から「あの人抜け毛に悩んで椅子のかしら?」とか「あの人もしかしてかつら?」なんて思われているのじゃないかと気配を伺ってしまう感じ。

しかし、広告を見て「年を取って髪が薄くなったら、これも良いのかな?」とウィッグに対しての好感度がアップしちゃいました。

今抜け毛で悩んでいる人って多いですものね。

・・・もしかしたら昔と悩んでいる人の数はそんなに変わっていないのかもしれません。

今はネットでそれぞれが情報や体験談を発表できる時代です。

抜け毛を考えてみよう』のようにネットで抜け毛について自分が経験した事、まわりの話等を公開する人が増えたので、それで「多くなったな」と感じているのかもしれませんね。

実は、私も今までにひどい抜け毛に悩まされていた時期が私の人生の中で2回ありました。

その頃は真剣に「ウィッグとか必要かな?」と考えていたものです。